ジンボリーとマイジム徹底比較! 英会話も運動もできる幼児教室の違いは?どちらがおすすめ?

幼児教室を探される上で、ガチガチの英才教育というよりは、体を動かしたりして感性を磨きたい!どうせなら英語も!と思われた方がよく行きつくのがジンボリーマイジム

 

よく似た2つの教室ですが、実際に両方体験に行ってきたので、それぞれ細かく比較してみます。私が体験したのは基本の体を動かすクラスで、月齢10ヶ月のクラスです。


幼児教育に関する記事目次はこちら

⇒幼児教育(こどもちゃれんじぷち・ベビーくもん・英語・知育おもちゃ)比較・感想まとめ


スポンサーリンク



1.レッスン内容

kodomo11.jpg


ジンボリーは大型遊具を使って自由に遊びます。イメージは雨でも行ける室内の大きい公園という感じ。運動だけでなく、シャボン玉を飛ばしたり、バルーンで遊んだりするので、楽しんで遊びながら感性も磨けそうです。

 

マイジムは実際に鉄棒に数秒ぶら下がったり、かなり急な坂道を登ったり下りたりと、月齢のわりに、かなり本格的な体操教室という感じでした。もちろん先生の補助ありなのでご安心を。通うと身体能力が高まりそうです。



2.英語量

kodomo4.jpg


ジンボリーは、先生が流暢な英語を話されますが、親向けの説明としてその後日本語でも説明してくれます。またガチガチの英語ルールもないので、レッスン中に親が子供に話す時も日本語が飛び交っています。

 

小さい頃に「英語耳」を作りたいというだけならいいですが、親子ともに「英会話能力の向上」目的で通うには、少し物足りなく感じるかもしれません。


英語耳について詳しくはこちらで紹介しています↓

お金をかけずに英語耳に育てる方法とは?英語かけ流し無料教材4選


マイジムは、レッスン中基本的に日本語禁止。(分からない時は聞けば教えてくれますが一言程度) 親子ともに英会話力はかなり鍛えられそうですが、毎回レッスンの最初に親がみんなの前で一人ずつ「自己紹介+質問への一言回答」を英語で話すので、英会話に苦手意識のあるママにとっては少しストレスもしれません。

 

割合でいうと、ジンボリーが英語4~5割マイジムが英語9~10割といったイメージです。

 


3.クラスの雰囲気

lgf01a201312200900_mini.jpg


ジンボリーは幼稚園のような和やかな雰囲気で、マイジムはアメリカンスクールのようなノリノリの雰囲気でした。

 

ジンボリーはシャイな方、大人しめの子供も行きやすく比較的オールマイティーであるのに対し、マイジムは元気な子供、ノリのいい子に育てたい、小さい頃からアメリカンなノリに触れさせたいという方向けに感じました。


 

4.休みの振替え

kodomo6.jpg


ジンボリーは、レッスン開始30分前までに連絡すれば回数制限なく3ヶ月間の間に振替え可能、とかなり柔軟に対応してくれます。また運動クラスを音楽クラスに振替えることもできるので、運動クラスも音楽クラスもどっちも気になるという方は毎月半々で受けたりすることも可能です。

 

マイジムは、基本的に休む場合は前日17:00までに連絡しないといけませんが、急な体調不良等の場合、月1回までであれば当日キャンセル可能です。残念ながら、運動クラスを音楽クラスに振替えることはできないようです。


 

5.料金(2016年11月現在)


 


どちらも入会金はキャンペーンで大抵無料になり、月謝は約2万円とさほど変わりませんが、ジンボリーは6ヶ月継続ごとに少しずつ値引きされるという、携帯料金のようなシステムです。また、マイジムは月齢が一つ上のクラスからユニフォームやカバンを購入しないといけないので、トータルコスト的にはマイジムの方がかかりそうです。

 

余談ですが、体験料に関して・・・

ジンボリーは入会有無に関わらず無料、マイジムはその場で入会すれば無料ですが、入会しなかった場合は5400円支払う必要があります。

 

 

6.レッスン以外の遊具・器具使用


両スクールともに、レッスンの時間以外でも遊具や器具を自由に使える時間があり、それが回数制限なく来れるということは同じです。

 

ただ、ジンボリーは先生がつかずレッスンが入っていない時間はすべて使用可能なのでその時間が週20回程、最長4時間あるのに対し、 マイジムは必ずその時間に先生が1人入ってくれて英会話したり運動の補助をしてくれたりしますが、その時間自体が週3回、1時間程度しかないため、時間が合わないとなかなか来れないかもしれません。



7.先生



より本格的な体操教室であるマイジムは、補助が必要なためか先生がクラスに2人いました。 なので必然的に先生と生徒の会話も濃密に。


ジンボリーは大勢の生徒に対して1人の先生が所々声をかけていく感じです。ただ、ジンボリーの先生はレッスン中に歌を歌うのですが、それがかなりの美声で何度も聞きほれてしまいました。歌声も採用基準にあるのかもしれないですね。(もしかしたら音楽クラスと兼任されてるのかも?)


 

8.総評



あくまで私見ですが、それぞれ以下の方向けだと思います。


ジンボリー

・ガチな運動というよりとにかく楽しみたい

・本格的な英語には触れたいけど英会話は程々でいい

・親または子供がシャイ、ザ・アメリカンなノリは苦手

・運動以外の音楽やアートのクラスも気になる

・体調を崩しやすく振替えは柔軟な方がいい

・レッスン以外でも雨の日の公園代わりに使いたい

 

マイジム

・通うことで身体能力を高めたい

・英会話スクール代わりに通いたい、元気な子供

・アメリカの雰囲気を小さい頃から味わわせたい

・バッグ等揃えて他の生徒との連帯感を高めたい

・レッスン以外の時にも先生の補助ありで練習したい


以上、ジンボリーとマイジムの徹底比較でした。


自宅で手軽に英語に触れさせるなら

お金をかけずに英語耳に育てる方法は?自宅でできる英語かけ流し無料教材4選


ベネッセから全員にワールドワイドキッズの無料英語DVDプレゼント

ワールドワイドキッズ


ちゃれんじの月別教材内容・感想や、その他の幼児教育に関する記事をもっと読みたい方はこちら

⇒幼児教育(こどもちゃれんじぷち・ベビーくもん・英語・知育トイ)比較・感想まとめ<目次>


ベビー用品の徹底比較をもっと見たい方は

もう迷わない!ベビー用品のメーカー選び!みんなが迷う商品選びの月齢別徹底比較まとめ


いいね!のクリックいただけると記事更新の励みになります

にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーリンク


Category: 英語無料教材・英会話教室
Published on: Tue,  11 2017 11:55
  • Comment: closed
  • Trackback: 0

タグ: 幼児教育  幼児教室  習い事  英会話スクール  英会話  ジンボリー  マイジム  比較  英会話教室 

 

スポンサーリンク

Designed by Akira.

Copyright © 理系女子ママの徹底リサーチ子育て All Rights Reserved.