おむつ・ベビー服のサイズアップはいつ?S→M、60→70→80替え時の月齢・身長体重例

ベビー服やおむつ・・・いつサイズアップするか気になったことはありませんか?


0歳は着られる時期が短く、おむつを買いだめしても途中でサイズアップしてしまって余ってしまったり、服も季節が変わって買い足す際、大きめにしてもその大きさになる頃にはまた季節が変わってやっぱり1サイズ下にすればよかったと後悔したり、なかなか判断が難しいですよね。


成長には個人差があると思いますので、実際に娘がどの月齢の時に身長体重がいくつだったか、またその時は季節はいつで、どのサイズがよかったかを成長記録とともにご紹介することで、これから成長される方のそれぞれの替え時のご参考になればと思います。


なお、ベビー服に関しては、上下分かれた服やスカートを履くタイミングも合わせてお伝えします。


スポンサーリンク



1.基本情報

lgf01a201412141700.jpg


まずは0ヶ月から12ヶ月までの月齢ごとの身長・体重・季節をご紹介します。

平成27年12月22日生まれ、女の子です。


  0ヶ月:51.0cm、3.04kg、

  1ヶ月:不明、      4.01kg、↓

  2ヶ月:58.5cm、4.93kg、↓

  

  3ヶ月:不明、      5.90kg、 ・・・寝返りが始まる

  4ヶ月:63.6cm、6.12kg、↓

  5ヶ月:不明、      6.62kg、↓

  

  6ヶ月:67.5cm、6.83kg、 

  7ヶ月:67.8cm、7.10kg、↓ ・・・おすわりができるように

  8ヶ月:71.0cm、7.20kg、↓ ・・・ハイハイ開始

 

  9ヶ月:71.0cm、7.40kg、 ・・・つかまり立ち♪

10ヶ月:72.3cm、7.50kg、↓ ・・・伝い歩きする

11ヶ月:不明、      7.80kg、↓


12ヶ月:76.5cm、7.86kg、


当初は大きめ、太めの赤ちゃんとして生まれてきましたが、生後3ヶ月で寝返りが早く始まったことで(平均は5ヶ月頃)カロリーを消費したのか、それ以降は身長のみ伸びて体重が停滞し、大きめ、細めの赤ちゃんに変わりました。


英語は低月齢から始めるのが得策

お金をかけずに英語耳に育てる方法とは?英語かけ流し無料教材4選

ワールドワイドキッズ無料英語トライアルセットの教材レポート&体験記



2.オムツ


・0ヶ月   :新生児サイズ・テープ式

・1~2ヶ月   :Sサイズ・テープ式

・3ヶ月   :Sサイズ・パンツ型

・4~12ヶ月:Mサイズ・パンツ型


本当にMサイズに変わるまでは1~2ヶ月でサイズやテープ・パンツが変わるので、一日のおむつ使用枚数から計算して1ヶ月分ずつの購入で様子見した方が無難です。娘の場合は、寝返りが早く始まったため、同じSサイズでも寝返り後はパンツ型に変更しています。


オムツの各メーカー徹底比較はこちら

おむつ徹底比較!4大メーカーSサイズテープ型の詳細レポと感想!!



3.ベビー服


・0~2ヶ月:冬物のカバーオール、50~60サイズ

・3~5ヶ月:春物のカバーオール、70サイズ

・6~8ヶ月:夏物のロンパースと上下分かれた服兼用、70サイズ

・9~12ヶ月:秋物の上下分かれた服(スカート含む)、70・80サイズ


1歳以降の生活の様子が気になる方におすすめの記事

1歳1ヶ月のジーナ式スケジュール&トイレトレーニング!卒乳と指しゃぶりの関係

1歳2ヶ月のジーナ式スケジュール!寝つきが悪くなった時の対処法は?

1歳3ヶ月のジーナ式スケジュールと成長記録!一人歩きしないのは増えない体重と関係が?


2ヶ月までの冬の間は、大きめの70サイズも試してみましたが、大きいと抱っこした際にずり上がる量が増えて赤ちゃんが埋もれてしまうため、結局50~60サイズに買い直しました。70サイズは3ヶ月以降の衣替えからで十分だと思います。


また、「首が座ったらかぶりものの服を着せられる」とよく言いますが、腰が座っていないと座った状態で服を着せられず、寝かせて着せるのであればかぶり物は着せにくいため、上下分かれた服は買ったものの結局おすわりができてからしか着せませんでした。


夏物に関しては基本的にはかぶり物に変わりましたが、夏だったのでロンパースでも股下のホックを2つ留めるだけで楽だったので、上下分かれた服よりはワンピースにおむつカバーがくっついているような一体型のロンパースの方が気軽に着られてメインになっていました。


ロンパースだと足が出るので外出時には日よけ・冷房対策でレッグウォーマーやトレンカを着用していました。


私が使用した月齢が低くても履けて脱げにくいトレンカ


秋からは完全にロンパース卒業、上下分かれた服やワンピースオンリーです。つかまり立ちや伝い歩きが始まると、床をハイハイすることが減るためスカートもよく履くようになりました。


伝い歩きするようになり歩く練習を始めるなら

⇒人気ベビーウォーカー比較!赤ちゃんにおすすめは?口コミ徹底検証しました!


細身なのでトップスは70も80もどちらも着れますが、背が高いためパンツは70では短く80のみになりました。


また、少し寒くなってからはトレンカからレギンスへ替えました。レギンスは女の子であればラッフルバッツが安くてかわいいのでオススメです。


こちらに限らずだと思いますが、来年も履けるように・・・と少し大きめを購入しても、ハイハイするため毛玉ができたり、黒ずんだり、ウエストが伸びたりして1シーズンでダメになります。

なので、ちょうどのサイズの購入がおすすめです。


身長体重等成長には個人差がありベビー用品の替え時は難しいですが、少しでも参考になると幸いです。

こちらにいいね!のクリックいただけると今後の記事更新の励みになります

にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーリンク


Category: お悩み解消アイテム
Published on: Tue,  18 2017 20:37
  • Comment: closed
  • Trackback: 0

タグ: 新米ママ  サイズアップ  替え時  おむつ  S  M  上下分かれた服  セパレート  ベビ―服  タイミング 

 

スポンサーリンク

Designed by Akira.

Copyright © 理系女子ママの徹底リサーチ子育て All Rights Reserved.