貯金代わりに人気の外貨建終身保険とは?メリット・デメリットと為替リスクを最小限に抑える方法

外貨建終身保険って聞いたことありますか?


前回記事⇒「学資保険は販売停止?2017年4月からの生命保険料値上げの実態と対策」でご紹介したとおり、2017年4月に生命保険の標準利率が引き下げられた後は学資保険をはじめとする円建の貯蓄性保険は保険料値上げ、販売停止が相次いでいます。


そんな中、標準利率引き下げの影響を受けず、保険料が値上げされない外貨建終身保険

うまく利用することで利率のいい貯金の代わりとして使えるので、最近では学資保険として加入する人も増えています。


そんな外貨建終身保険のメリット、デメリットをお伝えするとともに、為替リスクを最小限に抑える2つの対策と、逆に為替差益を得る方法を生命保険会社および損害保険会社双方の元社員である私が本音で分かりやすくご説明します。


こちらの記事も合わせてどうぞ

⇒お財布.comが他のポイントサイトより稼げる理由とよくない点への対策方法



外貨建終身保険とは?

gatag-00012881.jpg


外貨建終身保険とは、保険料を円ではなくドル等の外貨で支払い、それを元に外貨で保険会社が運用し、保険金や解約金も外貨で支払われるものです。


とはいえ、自分で銀行に行って外貨を用意する必要があるわけではなく、円建口座を希望すれば、引き落とし時点の為替レートの円換算額が自動的に引き落とされます。


外貨への交換手数料に関しては、そもそも適用する為替レート自体、市場レートに交換手数料分上乗せをしたレートで各保険会社が設定しているので、別途手数料を支払う必要はありません。

もちろん保険金や解約金を受け取る際も、同様にして円で受け取ることができ、手数料も同様にして別途かかることはありません。


クレジットカード払いを希望する場合は、海外旅行の時のように外貨で決済したものを、請求される時にカード会社が円に換算して請求するという方法もあります。


また、基本的に利率は円建のものより良く(外貨預金もそうですよね)、最低保証3%で3~5%で景気に合わせて利率が変動する商品もあります。



保険料支払いの際の2つの為替リスク対策

lgf01a201306101000.jpg


外貨というとどうしても切り離して考えられないのが為替リスク

保険料を支払う場合は円高だと得をしますが、円安の時には損になってしまいます。


1つめの対策としては、ドルコスト平均法と同じ原理でリスクを分散する方法。

年払いや半年払いではなく、月払いでの支払いをおすすめします。


例えば、年払いであれば年たった1回のチャンスの時に円高でないといけないため、確率的に難しく、毎年支払い時に円安になっているとかなり損してしまいます。

しかし月払いであれば、ある時は損をするかもしれないけど、次の時は得をするかもしれず、損した時の分を取り戻すチャンスが何度もあるので、リスクを減らすことができます。


2つめの対策は、円高の時に前納をすること。

前納とは「今後の指定した期間分の保険料を先に支払うこと」で、前納した保険料はすべて前納時の為替レートを適用するため、円高の時に前納すれば、前納した年数分すべて円高で支払えたことになります。


前納は最長10年までできることが多いですが、前納可能期間については保険会社や商品によっても異なるため、事前にファイナンシャルプランナーに相談してください。

その際、適切な回答が得られたかどうかでもそのファイナンシャルプランナーが信頼できるかどうかの判断材料にできます。


もちろん、契約する時が円高で、10年分の保険料を一度に払えそうであれば、払込期間を10年にし、10年分前納してしまえば、一時払い同様の扱いになり、その後保険料を支払う必要はなくなります。



解約金の受け取りで為替差益を得る方法

lgf01a201408031500.jpg


保険金や解約金を受け取る時は保険料支払いの時の逆で、円安の時に得をし、円高の時に損をします。


円安の時に保険料支払総額より解約金の方が十分に上回っているのであれば、解約して貯金するなり他の保険に入り直すというのも手です。通常の解約金より受取金額が上乗せされるので、為替差益を得ることができます。


実際、1ドル=125円ぐらいになっていた時期には、毎日のように契約者から解約希望の入電ありました。


では、円高による損はどのように回避すればいいか。

当たり前のことですが、円高の時には解約をしないでそのまま置いておいた方がいいです。為替変動は長い目で見れば円高・円安が交互にきているので、必ず円安になる時がその後きます。


しかしそうすると、子供の入学金であてにしていたのに解約できない。そういったことも起こりえます。


結論、最低限確保しておかなければいけない入学金に関しては円建ての終身保険で確保しておいて、プラスアルファであると嬉しい余裕資金部分で外貨建終身保険に加入という二本立ての契約にするのです。


やはり、ベストは保険料値上げ前に円建の終身保険と外貨建終身保険の両方に加入してしまうことですね。すぐに両方支払う余裕がなければ、いったん円建の方だけ3月までに加入しておき、外貨建は余裕ができてから追加加入しても大丈夫です。


ちなみに以下の記事で裏事情をお伝えしたように、窓口型店舗での保険加入はおすすめしません

生保保険会社元社員が語る裏事情!保険を窓口型店舗で加入しない方がいい2つの理由


生命保険は一生関わっていくものなので、じっくりと腰を据えて働いている、専門知識も豊富なプロのファイナンシャルプランナー(以下、FP)への相談がおすすめです。


とはいえ、普段保険に縁のない方にとってはどうやって優秀なFPを探せばいいかわからないと思うので、FPを紹介してくれるサイトで比較的悪い噂を聞かない会社を2つ、念の為紹介しておきますね。


・ユーザー満足度98%の【保険相談Navi】


・経験豊富で一定の資格を保有するFPのみの【ほけんのFP】


おすすめは上の2社ですが、保険の相談が初めてでとりあえずどんな感じか試してみたい方は、保険相談後に5000円分の商品券が貰えてお得な【ガーデン】でまずは試してみてもいいかもしれません。

 貯蓄・保険の無料相談<ガーデン>

※ただし、短時間すぎる相談等で商品券目的とみなされると貰えない可能性があります。


保険は長期で支払うことを考えると大きな買い物なので、皆さんが納得のいく保険加入ができることを願っています。


この記事をよかったと思っていただけたら、いいね!のクリックお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Category: 元社員が語る生命保険裏事情
Published on: Mon,  17 2017 00:34
  • Comment: closed
  • Trackback: 0

外貨建 学資保険 外貨建終身保険 外貨建商品 終身保険 為替リスク 為替差益 新米ママ 女の子ママ