買ってよかった!赤ちゃんにおすすめの知育系運動系人気おもちゃ5選!!

赤ちゃんのおもちゃ、たくさんありすぎて何を買えばいいのか迷いませんか?


そしてどうせ買うなら知育玩具で遊びながら知能を発達させたり、身体能力や運動能力を向上させてくれたりするおもちゃを買いたいですよね。


今回は、0歳の時に買った人気のおもちゃで赤ちゃんの反応がよかったもの、飽きずに長く遊べたものを5つ、おすすめ時期とともにご紹介します。


スポンサーリンク



1.指先の知育 型はめの第一歩(生後3ヶ月:寝返り頃~)

楽天で見る ⇒Amazonで見る


初めての知育玩具に選んで100万人のママが満足!(※シリーズ累計売上)と答えたピープル社の人気「指先の知育シリーズ」。対象月齢は7ヶ月~とありますが、私は出産祝いにいただき、娘は寝返りが始まった頃から食いついてずっと遊んでいました。


背が低いおもちゃなのでねんねのころでも寝ながら触ったり食べたり(笑)でき、引っ張るとそれぞれ水が流れる音など関連した音が鳴るので、それが楽しいようで何度も引っ張って遊び続けます。


そして、このおもちゃの優れているところは、紐がついているのでパーツが取れてなくなってしまうこともないし、ピンクのボタンを押すだけで外れていたおもちゃが紐に引っ張られて勝手に元の位置に戻ってくれるところ。あちこち散らかされたおもちゃを片付けるという手間が省けて忙しいママの味方です。


もちろん赤ちゃんのおもちゃなので角は危なくないようにできていて、月齢が小さい赤ちゃんでも安心して遊ばせられます。


このおもちゃで小さい頃から「引っ張る、つまむ、ひねる」という動作に触れていたことで、娘はおすわり前からこちらのひねったりすることで人形が飛び出すおもちゃを5つ中4つ開けることができていました。

楽天で見る ⇒Amazonで見る


育児理論で、「できるようになってから、与える」ではなく「与えられているから、できるようになる」という逆転の発想を聞いたことがありますが、娘が開けるのを見たときは、まさにそれが証明されたと思った瞬間でした。1歳過ぎた今でも遊んでいます。



2.アンパンマンおおきなよくばりボックス(生後6ヶ月:おすわり頃~)

楽天で見る ⇒Amazonで見る


マヨネーズの容器を押すとマヨネーズが飛び出したり、子どもが大好きなスマホだったり、よく考えられた遊びが 18種類も入っています。類似のよくばりボックスを全部口コミを読んだりして調べましたが、子供が成長に必要とする知育おもちゃがたくさん入っていて圧倒的にコストパフォーマンスがいいのがこちらのアンパンマンのものです。


マヨネーズとスマホは取り外すことができるので、対象年齢である生後10ヶ月より前の生後7ヶ月頃からでも自分で持って遊ぶことができ、成長に合わせて遊ぶトイ、遊び方をどんどん変えながら1歳3ヶ月現在まで毎日飽きずに遊んでいます。


月齢別に遊んだトイ、遊び方は以下の記事で詳しくレポートしています

⇒アンパンマンおおきなよくばりボックスがすごい!月齢別にそれぞれハマった遊び<前編・0歳編>

⇒アンパンマンおおきなよくばりボックスがすごい!月齢別にそれぞれハマった遊び<後編・1歳編>


1歳3ヶ月の成長と生活の様子はこちら

⇒1歳3ヶ月のジーナ式スケジュールと成長記録!一人歩きしないのは増えない体重とも関係する?


こういったよくばりボックスのいいところは色々なミニおもちゃを試せるところ。いいと思って買ったおもちゃでも、子供が興味を示さなかったらゴミと化してしまいますが、こちらのよくばりボックスには、型はめ、ビーズコースター、ミニピアノ、ミニドラム等がついているので、このよくばりボックスで赤ちゃんが気に入った知育トイを買ってあげることができます。


そしてこれだけのクオリティでAmazonで5,000円をきる(2017年4月現在)破格なので、それも人気を後押ししているかもしれませんね


アンパンマンおおきなよくばりボックスを



3.ロディ コップタワー(生後6ヶ月:おすわり頃~)

楽天で見る ⇒Amazonで見る


昔からよくあるコップタワー。コップを積み上げて倒す遊びというイメージですが、おすわりしてすぐの頃から重ねて収納した状態の方のコップに興味を示し、わりとすぐに自分で重なっているコップを剥がすということができるようになりました。


1歳の少し前から積み上げたコップを倒すことを楽しみ始めましたが、今でも重なったコップを見ると遠くから剥がしに来るほどお気に入りのおもちゃです。


側面に数字や天気の絵もついているので、色や数字を覚えたり、ごっこ遊びができて、安いのに幼稚園に入ってからも長く遊べていいと口コミでも評判です。


コップがさねといえばこちらのコンビのものが有名ですが、

コンビコップがさね  

楽天で見る ⇒Amazonで見る


コンビはコップが上向きに置かれているところに子供が倒れてケガをしたという口コミがあったので、コップに厚みがあって滑らかなロディの方にしました。


実物を両方見比べたことがありますが、コンビの方がペラペラで安っぽい作りな上、下の方のコップが大きすぎるので赤ちゃんが一人では持ちにくそうでした。また、コンビの方は側面に数字等や絵はついていません。



4 ジャングルジム(生後9ヶ月:つかまり立ち頃~)

プレミアムキッズパークリボン

楽天で見る ⇒Amazonで見る


1歳の誕生日プレゼントとしてジャングルジムはとても人気がありますが、こちらのジャングルジムは淡い色なので圧迫感がないのに、ジャングルジムは3段あって、滑り台、ブランコ、鉄棒もついているという高機能。


ジャングルジムは2段のものもあり、マンションの我が家でも当初2段を検討していましたが、色々調べてみると2段では歩けるようになるとあっという間に物足りなくなってしまうという口コミが多かったので、3段のものにしました。


結果、淡い色のおかげで3段でも全然圧迫感がないのでこちらで正解でした。


↓男の子には淡い水色×イエローの色違いがあります.

プレミアムキッズパークエレガント

楽天で見る ⇒Amazonで見る


ジャングルジムがあれば、雨の日、寒い冬、暑すぎる夏で公園に行けなくても、家で思いきり体を動かすことができ、疲れて熟睡できます。つかまり立ちの頃から、ジャングルジムの周りで伝い歩きの練習もできますし、ジャングルジムの中央に子供を放り込んであげれば、自分で考えてハイハイでくぐりながら外に出てきます。


滑り台を設置しておけば、歩き出す前でも下からハイハイで滑り台をよじ登るようになるので、背筋を鍛えることができます。


ちなみに滑り台は2段階に角度調整可能 、ジャングルジム全体も折りたたむことができます。

ただ折りたたむのは面倒なので普段は基本的に面倒です。滑り台の取り外しが30秒くらいで道具なしででき、滑り台を外すだけでもかなり占有スペースが代わるので、広くしたい時は滑り台で調整するのがおすすめです。


こちらの記事でも紹介しています↓

絶対可愛い!女の子赤ちゃんにおすすめのベビーグッズ人気ランキング!出産祝いにも!


5. 音の出るてあそびうた絵本(1歳前~)

楽天で見る ⇒Amazonで見る


こちらは育児のプロである保育園の先生たちが選んだ人気の手遊び歌が収録されている絵本。


幼児教育で評判のこどもちゃれんじの教材に入っている手遊び歌「むすんでひらいて」「げんこつ山のたぬきさん」「とんとんとんとんひげじいさん」も収録されています。


こちらの記事でも紹介しています↓

買ってよかった!赤ちゃん・子連れ旅行に持っていくと便利な神アイテム5選

曲のボタンも小さな子どもが押しやすい大きさ、膨らみになっているので、自分で押して流れる曲を聞いて楽しむことができます。


バッグに入る大きさ なので、車でお出かけ、友人や親戚の家に遊びに行く時などに持っていけば、音楽をかけながら手遊びを教えてあげられて、赤ちゃんの退屈がしのげます。


こういう歌絵本で、絵本が薄い紙でできていて赤ちゃんがすぐに破ってしまって渡せないというものもありますが、こちらは厚紙にツルツルしたコーティングがされているので、破れることも折れることもなく、綺麗な状態で長く使用できます。もちろん角はすべて丸くなっています。


おもちゃはたくさん溢れていて選ぶのが大変だと思うので、これから知育おもちゃを検討される方の参考になれば幸いです。


英語が気になる方はこちら

⇒お金をかけずに英語耳に育てる方法とは?英語かけ流し無料教材4選


幼児教育に関する記事のまとめはこちら

⇒幼児教育(こどもちゃれんじぷち・ベビーくもん・英語・知育玩具)比較・感想まとめ<目次>


↓こちらにいいね!のクリックいただけると今後の記事更新の励みになります

にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Category: ベビーグッズ比較・人気ランキング
Published on: Mon,  17 2017 20:54
  • Comment: closed
  • Trackback: 0

新米ママ 知育おもちゃ 知育玩具 アンパンマン てあそびうた 絵本 ロディ ピープル 指先の知育 手遊び歌