保険会社元社員が語る裏事情!保険を窓口型店舗で加入しない方がいい2つの理由

あなたは生命保険の契約、どこでしますか?


自動車保険や火災保険を加入した代理店でついでに加入しますか?知り合いに保険を扱っている人がいてその人から加入しますか?


では、自動車保険・火災保険加入の際には生命保険を勧められなかった、知り合いにも保険をやってる人はいない、そんな人はどこで加入すればいいのでしょうか。ショッピングモールや地下街の一角などに入っていて、街でよく見かける全国チェーン系の窓口型相談店舗がとっつきやすく、ついつい足を運んでしまうのではないでしょうか。


私は生命保険会社、損害保険会社双方で計8年間勤務し、いろいろな代理店を見てきましたが、正直チェーン系の窓口型店舗はおすすめしません。その2つの理由とベテランが担当になる裏技をこの記事を読んだ方だけに特別に教えます。


スポンサーリンク



1.窓口型店舗の裏事情

gatag-00000204.jpg  


窓口型店舗がおすすめできない2つの理由。


1つは、誰でも比較的簡単に社員になれる(お客様に保険を提案できる)ため、保険の知識が少ない人が多いからです。一応、保険を募集する(お客様に説明したりする)前に最低限とらなければいけない資格はありますが、ほとんど落ちる人はいないと言われているぐらい簡単な試験なので、募集資格のみを持っていても知識が十分とは言えません


例えば、同じく全国チェーンのファミレスの店員も、一定のマニュアルがあってそれ通りに接客するだけなので、働く敷居は低いですよね?イメージとしてはそんな感じです。


そしてもう1つの理由は、人が定着せず、入れ替わりが激しいからです。


契約前に担当してくれていた人がしばらくして電話してみたら、違う店舗に異動していたり、すでに辞めてしまっていないなんてことはざらにあります。せっかく色々相談して契約を決めたのに、その相談した人がいなくなってしまったら、その後のフォローが心配になりますよね。


そして、契約だけは後任の人に引き継がれていても、詳細の引継ぎはうまくされていないことが多いため、「何年後に〇万円だけ一部解約しましょう、もちろんその際は私がフォローさせていただきますね!」なんて契約前に口約束していても、後任の人からしたら「そういったことは引継ぎされていないので分かりかねます、詳細をお聞かせ願えますか?」と逆に聞かれることになってしまいます。


契約前に話した内容をまた一から説明しようにも覚えている保証はないし、説明できなければ、何年後に〇〇をするつもりで契約したのだから、〇〇ができないのであれば要望通りの保険ではなくなってしまうといったトラブルもよく耳にします。


こういった理由から、私はプロのファイナンシャルプランナー(以下、FP)で契約することをおすすめします。



2.ファイナンシャルプランナー(通称、FP)とは?

lgf01a201310121800.jpg


FPは、チェーン系窓口型店舗の一社員と違い、組織に所属していた場合でも(※個人で事務所をやっている場合もあります)個人事業主のような形なので、一生保険の仕事をしていこうとじっくり腰を据えて働いていて勉強熱心な方が多いです。


イメージとしては、全国チェーンのファミレスのコックは会社の方針通りのマニュアルに沿って料理を作るので、自分でもっとこうしたらおいしくなるんじゃないかといったことは考えませんが、チェーンでないレストランのコックは、自分でどうしたらもっとおいしいメニューを作れるか試行錯誤しますよね。それと一緒です。


もちろんFPだからといって万能ではなく、当然経験年数によって知識が雲泥の差で、始めたばかりの人は素人と大して変わらないような人もいるのが残念ながら実情です。



3.中堅クラス以上のFPに保険相談をする裏技

201702242038487af_201704231250302d8.jpg


ここで、ある程度ベテランのFPに担当してもらう裏技をご紹介します。FPはそれぞれ会社に所属しているので、会社に相談希望の申込みをし、会社がどのFPをそのお客様に担当させるか割り振るのですが、申込みメール送信時や確認電話の際にあることをするだけです。


まず、以下の記事をまだ読んでいない方は、ざっとでいいので目を通してみてください。


そして、メールや電話の際に読んだ記事をもとに、「○○は△△と聞いたので、××での契約を検討しています。」と言って下さい。


受け付けた会社からしたら、通常相談申込みをしてくる人は保険のことをあまり知らない人が大半なので、「この人は少し保険の知識を持っている」と思わせることができたら勝ちです。新人を担当させたら、知識を少し持っている人からの突っ込んだ質問に答えられない、信頼を得られないから契約にも繋がらないと思い、中堅以上の知識豊富な社員しか割り振りません


あくまで「少し知識を持っている」フリは最初の申込み時だけで大丈夫です。実際にFPと会った時点で担当はその人になっており、こちらから要望しない限り担当を変えられることはないので、思う存分知らないことは質問してみてください。


もちろん、質問していく中で担当FPの回答が曖昧で、知識に不安を覚えたら担当変更を希望するのもアリです。


最後に、会社選び。そもそもまともなFPが全然いない会社に申込んでしまったら、上記裏技も意味がありません。とはいえ、普段保険に縁のない方にとってはどうやって優秀なFP会社を探せばいいかわからないと思うので、比較的悪い噂を聞かない会社を2つ、念の為紹介しておきますね。


・ユーザー満足度94%、気に入らなければFPチェンジ制度(担当変更)のある【保険GATE】


・経験豊富・資格保有FPのみで安心の【ほけんのFP】


保険は一生の買い物と言われているほど長い間関わっていくもの。目先のことにとらわれず、皆さんが納得のいく保険加入をしてください。


いいね!のクリックいただけると記事更新の励みになります

にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーリンク


Category: 元社員が語る生命保険裏事情
Published on: Sat,  20 2017 11:45
  • Comment: closed
  • Trackback: 0

タグ: 生命  医療  終身  保険  ほけんの窓口  評判  口コミ  裏事情  FP  比較 

 

スポンサーリンク

Designed by Akira.

Copyright © 理系女子ママの徹底リサーチ子育て All Rights Reserved.