アンパンマンおおきなよくばりボックスがすごい!月齢別にハマった知育トイの遊び方<後編・1歳編>

前編ではAmazonの知育トイ部門1位のベストセラー、楽天でも口コミ高評価で人気のアンパンマンよくばりボックスの商品紹介と、0歳時の月齢別遊び方を紹介しました。


※前編はこちら

⇒アンパンマンおおきなよくばりボックスがすごい!月齢別にそれぞれハマった遊び<前編・0歳編>


後編では、1歳でハマっている遊びの紹介・感想と、デメリットはあるのかどうかを見ていきます。


スポンサーリンク



1.1歳以降にできるようになった遊び(1歳0~3ヶ月頃)

1歳を過ぎると何でも物を口に入れるのは卒業、手先もかなり器用になってきて本格的に手を使った遊びができるようになります。この頃から楽しみ始めたのが、1.アンパンマンボンゴ、3.メロディボタン(8曲)、4.ピアノ、5.ボンゴ切り替えボタン(8種類)と17.パズル、18.かまどです。


1.アンパンマンボンゴ、3.メロディボタン(8曲)、4.ピアノ、5.ボンゴ切り替えボタン(8種類)

s_s_20170418211907c3a.jpg


写真上から、アンパンマンボンゴ、左のボタンがボンゴ切り替えボタン、右のボタンがメロディボタン、下の鍵盤がピアノです。ようやくボタン等を押せるようになり活躍する日が来ました。


まずボンゴは顔全体を叩くとアンパンマンの鼻が光りながらドラム音や効果音が鳴ります。音は一般的なドラム音から、「プゥーン」というような赤ちゃんが興味を示しそうな変わった特殊音まで様々あり計8種類。左のボンゴ切り替えボタンを押すたびに音が変わるので、ボタンを押してはボンゴを叩いて違う音になるのを確認し、笑いながら遊んでいます。


メロディボタンは1回押すとメロディが流れ、曲の途中でもう1回押すとメロディが止まります。手遊び歌で有名な「むすんでひらいて」や「大きな栗の木の下で」などの他、「アンパンマンマーチ」も含め全8曲収録されているので、アンパンマン好きの子にもぴったりです。


外出先でも手遊び歌を聞かせたい方にはこちらの手遊び歌絵本がおすすめ↓

園の先生が選んだ!おとのでるてあそびうたえほん

楽天で見る ⇒Amazonで見る


絵本の詳細は以下の記事でそれぞれ紹介しています

⇒買ってよかった!赤ちゃんにおすすめの知育系運動系人気おもちゃ5選

⇒買ってよかった!赤ちゃん・子連れ旅行に持っていくと便利な神アイテム5選


ボタンを押すごとにメロディがどんどん違う曲に切り替わるので、押してみて好きな曲じゃなかったら自分でもう1回押して曲を止め、また押して次はどんな曲かなと耳を澄ませ、好きな曲だとノリノリに「アー、アー」と歌いながら体も揺らして踊っています。


17.パズル、18.かまど

かまど


こちらはいわゆる型はめですね。型は丸、星、ハートの3種類です。


1歳前ぐらいから「かまどの扉のつまみ部分を指でつまんで自分で扉を開け、中に入っているブロックをかまどから全部出す」ということにハマって一日に何度もやっていましたが、あくまで出すだけで、自分でブロックを型から入れるのはまだやろうともしない段階でした。


それが1歳を過ぎてから自分から型に入れようとし出したので、型に入れるためのブロックの持ち方、型まで持っていって入れる動作を繰り返し教えたところ、2~3日でまず一番簡単な丸が一人でできるようになり、その後ギザギザの位置を合わせなければならず2番目に簡単な星ができるようになり、上下の向きまで合わせなければならず一番難しいハートは1歳3ヶ月現在、自分だけで入れられる時と入れられない時が半々ぐらいです。


1歳3ヶ月の身体の成長や生活の様子はこちら

⇒1歳3ヶ月のジーナ式スケジュールと成長記録!一人歩きしないのは増えない体重とも関係する?


今は毎日入れては出し、入れては出しを繰り返しやるのにハマっていますが、うまく入れられない時は遠くにいても助けを求めて私を呼ぶので、そんな時は何が原因で入れられないのか教えてあげて正しいやり方で一緒に入れてあげるようにしています。



2.1歳3ヶ月でもまだできない遊び(1歳4ヶ月~?)

1歳3ヶ月になってもまだまだできない遊びもあります。それは、おすわりができるようになってまもなくの頃から「口に入れる」ということで楽しんでいた16.マグネット迷路です。


16.マグネット迷路

s_s_201704181119488bc.jpg


黄色の部品の先に磁石がついているので、それに鉄球を吸い寄せて迷路をゴールさせる遊びです。


大人が磁石に鉄の玉を吸い寄せて迷路を動かしていくのを見せると興味津々に見ていますが、さすがにまだ自分ではできないようです。今後また新たに達成できる遊びをとっておけるということで、できるようになる日を楽しみに待つことにします。


「これからできるようになるものがある=飽きずにまだまだ長く使える」ということで、まだしばらくは楽しめそうです。このクオリティーで楽天やAmazonで5,000円前後で購入できるのには驚きです。(2017年4月現在)


アンパンマンおおきなよくばりボックスの最新の価格を

楽天で見る ⇒Amazonで見る



デメリットはないの?

anpanman_mochifuwa_01-1024x449.jpg


とにかくコスパもよくクオリティーも高くて褒めるところしかない知育玩具ですが、あえてデメリットをあげるとしたら英語がないことぐらいでしょうか。


これだけ知育に役立つおもちゃが詰まっているので十分ですが、私は英語に関しては以下の記事で紹介しているディズニーやワールドワイドキッズの無料英語教材で自然に英語に触れさせるようにして英語教育も補っています。

⇒お金をかけずに英語耳に育てる方法とは?英語かけ流し無料教材4選


ディズニーの英語システムのDVD、CD、絵本、お風呂に貼れるABCポスター無料プレゼントはこちら↓

ディズニー英語システム


ワールドワイドキッズの無料英語DVDプレゼントはこちら↓

ワールドワイドキッズ


以上、成長には個人差があると思いますが私の娘の場合のアンパンマンおおきなよくばりボックスの月齢別に楽しんでいる遊びの紹介でした。


※その他のおすすめ知育玩具を知りたい方はこちら

⇒買ってよかった!赤ちゃんにおすすめの知育系運動系人気おもちゃ5選


※幼児教育に関するまとめ記事はこちら

⇒幼児教育(こどもちゃれんじぷち・ベビーくもん・英語・知育トイ)の比較・感想まとめ


いいね!のクリックいただけると記事更新の励みになります

にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーリンク

Category: ベビーグッズ比較・人気ランキング
Published on: Thu,  27 2017 12:02
  • Comment: closed
  • Trackback: 0

アンパンマン よくばりボックス おおきな 知育玩具 知育 おもちゃ トイ 遊び 0歳 1歳

スポンサーリンク